ファッション

ファッションセンスのいらない着こなしの基本とは?男性のおしゃれな服を紹介!

ファッションそこまで興味ない・・・けどダサく思われたくない。
そんな人は多いのではないでしょうか。
今回はセンスのいらない着こなしの基本をご紹介します。
また、男性のおしゃれなファッションも併せて調べてみました。

sponsored link

センスのいらない着こなしの基本

ファッションって難しい・・・。

そう思っている人は多いのではないでしょうか。
特に初心者のうちはどんな服を買ったりしたら良いのか分からなくて大変ですよね。

そこで、初心者でもできる着こなしの基本をご紹介します。

①心構え

まず初心者で大事なのは心構えです。
最近は「ファッションセンス」という言葉が広まり、センスがないとダメなのか・・・と感じる人も多いと思います。

でも実際は初心者の人でも十分楽しめるぐらい敷居が低いのです。
ですから、まずはファッションはセンスが無くても大丈夫!と思うことから始めましょう。

②初心者が失敗しがちなこと

初心者が陥りがちな罠として、色々な雑誌のコーディネートをそのまま真似することです。

マネキンやモデルが着ていてかっこいいから自分も買ってみよう、と考えるのは危険です。
実際に外で着てみるとおかしい服ってありますよね。

そうして、初心者は面倒になってまた今度でいいかなという気持ちになります。
雑誌は自分の年代に近いものとか好きな服でコーディネートされたスナップが載ってるものを1冊だけ買うようにしましょう。

③自分の体型に合った服を選ぶ

日本人は、欧米人に比べて胴長短足な体型や童顔が多く、洋服を着ている歴史は70年しかありません。
ですので、体型も違って洋服の歴史も長い欧米のファッションを真似しても失敗することが多いです。

④基本はきれいめ7:カジュアル3

初心者が簡単におしゃれに見られる方法はファッションジャンルに関わらず、ミックスして着ることです。
一般的に日本ではカジュアル系の服装をよく見かけます。

カジュアル服は、ゆったりした普段着で子供っぽい印象になり、きれいめの服は、ビジネスシーンや礼装みたいな印象を与えます。

もし童顔の日本人がカジュアル一色にするとどうなるでしょうか。
非常に子供っぽく見られると思います。
そこで、きれいめを混ぜることで大人っぽさが出せます。

しかし半々で入れると童顔っぽさが抜けないため、きれいめ7:カジュアル3で混ぜると大人っぽい雰囲気が出ます。

意識するだけで大きく変わりますので、ぜひ試してみてください。

sponsored link



 

男性のおしゃれなファッションを紹介!

最後に初心者におすすめのおしゃれな服をご紹介します。

①細身の黒のパンツ

コーディネートのベースとなるボトム。
おしゃれの基本のシルエットとして有名なI・Y・Aの形のうち2つを作れる着回し力が強いアイテムの一つです。
また、黒色は収縮効果があるため、より引き締まって見えます。

②白シャツ

白シャツはカジュアルな服装にきれいめを足せるおすすめアイテムです。
色々なボトムと合わせられ、夏以外は着れる汎用性の高い服ですので、一つは持っておくと便利ですね。

③グレーのパーカー

白シャツとは逆にきれいめ系一色の服装にカジュアル要素を足してくれるアイテムです。
きれいめのアウターが流行っている今、少しこなれた感じを出すパーカーはおすすめです。

④白のスニーカー

定番の靴ですね。
色々な服に合わせられるため、非常に使いまわしが良いアイテムです。
暗いデニムやレーザージャケットなどによく合います。

⑤Vネックのニット

清潔感があり、着回しも良いことから人気のあるアイテムです。
パーカーやダウンジャケット、レザージャケットのインナーとして使うと非常にマッチングが良いです。

 

どうでしたか。
まずは基本をおさえることで、ファッションを楽しんでくださいね。

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP