健康

飲み過ぎの二日酔いに対策すべきこととは?丸一日治らない理由とは?

花の金曜日にパーッとお酒を飲んで最高の気分で一日を終え、そして起きた次の日。
「なぜあんなに飲み過ぎたんだ・・・」と猛烈に後悔することってありますよね。
今回は二日酔いの対策方法をご紹介します。
また、なぜ二日酔いが丸一日も治らないのかも解説したいと思います。

sponsored link

飲み過ぎの二日酔いに対策すべきこととは?

飲む前

お酒を飲む前に対策することで、二日酔いを予防できます。

①緑茶

アルコールの利尿作用によって、人間の体は脱水症状になります。
脱水症状は二日酔い・頭痛の原因となります。

そのため、水分補給を行うことが一番大事なのです。

緑茶ならばなお良いです。
緑茶に含まれるカテキンはアルコールの急速度をゆっくりにし、肝臓への負担を軽減します。

②タンパク質(チーズなど)

空腹状態でアルコールを摂取すると、胃の粘膜にダメージを与え、アルコールの吸収を早めてしまいます。
そこで、あらかじめ消化に時間のかかるチーズやヨーグルトなどを食べておくと良いです。

飲んでいる最中

①一気に飲まない

アルコールを一気に取ってしまうと、肝臓のアルコール分解が追い付かなくなり、二日酔いだけでなく急性アルコール中毒の原因となります。

②お酒1杯ごとに水を飲む

二日酔いの原因は脱水症状です。
アルコールの利尿作用をコントロールするためにも、お酒1杯ごとに水を飲み脱水症状を予防しましょう。

飲み終わった後、就寝前

①水分補給

二日酔い対策はとにかく水分補給です。
脱水症状を防ぐために、コップ1杯の水分を補給してから就寝しましょう。

②熱いお風呂、運動の禁止

熱いお風呂に入ったり、運動をしてしまうと汗と一緒にアルコールが抜けているのは事実ですが、大部分は肝臓で分解されます。

そしてアルコール分解には大量の水を必要とします。
そのため、脱水症状をさらに加速させるような行為は極力控えましょう。

どうしてもやりたい場合は、お風呂や運動の前後にしっかりと水分補給を行いましょう。

 

いかがだったでしょうか。
対策としては一番大事なのは「脱水症状を防ぐ」ということです。

飲み会やお酒を楽しめるように、二日酔い対策をばっちりと行いましょう。

sponsored link



 

二日酔いが丸一日治らない理由とは?

二日酔いになると、翌日丸一日かけないとなかなか治らないですよね。
その理由をまとめてみました。

アデノシン

アデノシンは血管を膨張させる働きをもっています。

アデノシンを含むお酒を飲むと体がポカポカしますが、飲み過ぎると体に蓄積し脳の血管を膨張させるため、激しい頭痛や嘔吐が起きます。

アセトアルデヒド

アルコールを肝臓で分解した時に生じる有毒物質で、肝臓で処理できかった場合体中に行き届き、だるさや吐き気などの症状が出ます。
十分な水分補給で症状を和らげることができます。

脱水症状

アルコールの利尿作用で体の水分がどんどん抜けていきます。
脱水症状になると肝臓のアルコール分解速度が落ちますので、十分な水分を取りましょう。

低血糖症

たまに筋肉痛を伴う二日酔いが起きますが、これは低血糖症が原因です。

大量のアルコールを摂取すると肝臓がアルコール分解だけで手一杯になり肝臓中の糖分が不足します。
これにより肝機能が低下し筋肉中の乳酸を取り除く糖分がなくなり、筋肉の疲労が抜けなくなってしまうのです。

筋肉痛を感じたらオレンジジュースやレモン果汁が入ったジュースを飲むと効果的です。

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP