エンタメ

24時間テレビのマラソンランナーの予想は誰!?2017年の司会はあの人!?

もはや毎年夏の恒例行事となった24時間テレビ。
その中でもマラソンランナーは気になるところ。
また、番組全体のイメージや進行を任される総合司会も重要ですが誰になったのでしょうか。
24時間テレビの気になる情報を調べてみました。

sponsored link

24時間テレビのマラソンランナーの予想は誰だ!?

24時間テレビの目玉企画であるマラソンランナー。

今年は一体誰になるのでしょうか。
例年であればもう走者が発表されているはずですが、8月に入ってもまだ発表がありません。

調べてみたところ、どうやら8月26日当日にランナーが発表されると明かされました。
まさかの当日発表に対してテレビ業界では様々な憶測が飛び交っているようです。

日テレとしては、当日発表でサプライズを演出しているようですが、実は単純にキャスティングが間に合わなかったのではないかと言われています。
確かに普通に考えれば、24時間走るなんてケガしたり体調も悪くなるでしょうし前々からの練習も必要になるでしょうから、あまりやりたくはありませんよね。

しかし、日テレは結果として視聴者から多くの注目を浴びることになったので思惑通りだったのでしょうね。
さすがに、練習が必要ですから本人にはもう知らされているとは思いますが・・・。

さて、気になるのはそのランナーが誰なのかです。
ここでは、過去5年間のランナーから2017年のランナーが誰なのかを予想してみました。

こちらが過去5年間の24時間テレビのマラソンランナーです。

2012年:佐々木健介、北斗晶家族
2013年:大島美幸
2014年:城嶋茂
2015年:DAIGO
2016年:林家たい平

基本的にはその年に有名になったり、活躍したりした方を対象にしているようですが、あまり傾向は分かりませんね。
芸人・タレント・プロレスラー・アイドルと職業的にも色々ですし、年齢層もバラバラですね。

この1年注目されたり活躍した方と言えば誰でしょうか。

・渡部建

佐々木健介ファミリーも登場したことがありますので、今年結婚された渡部さん夫妻が走る可能性はありそうですね。
佐々木希さんは性格的にやらなそうですが(笑)

・SMAPメンバー

2016年から多くの注目を浴びた芸能人と言えばやはりこのメンバーでしょう。
ただ、事情が事情なだけに共演はありえないと思います。

・三ト麻美アナ

業界内で密かに言われているのが三トアナだそうです。
実は今年フリーに転身するのではという噂が立っており、日テレでその卒業に向けた花道を用意してあげるのではと言われています。

・りゅうちぇる

タレントのりゅうちぇるさんもぺこさんと結婚され、大きな注目を集めた一人。
最近ぺこさんの妊娠が噂されているため、パパとして走りきる!という可能性もあるそうです。

このあたりがネット上で噂されているようですね。

発表は当日武道館で行われるそうなので、予想をしながら楽しみに待ちましょう。

sponsored link



 

2017年の司会はあの人!?

もう一つ気になることと言えば、24時間テレビのメインパーソナリティー。
番組全体の印象や進行など、超重要なポジションですから気になりますよね。

2017年4月にメインパーソナリティーが発表されており、こちらの3人です。

・櫻井翔(嵐)
・亀梨和也(KAT-TUN)
・小山慶一郎(NEWS)

ジャニーズ事務所の中でも活躍中の3人が選ばれました。

みんなかっこいいですね!
ジャニーズのグループ混合として出演するのは今回が初めてのことで、40周年記念ということでサプライズという意味もあったのでしょうね。

3人とも過去にメインパーソナリティーを経験しています。

・櫻井翔さんは2004年、2008年、2012年、2013年の4回、嵐として出演されています。
・亀梨和也さんは2006年に1度KAT-TUNとして出演しています。
・小山慶一郎さんは2009年、2016年に2度NEWSの一員として出演しています。

この中では、嵐・櫻井翔さんが4回もの出演経験があり、事務所内でも先輩のポジションにあります。
日ごろ『NEWS ZERO』でのキャスターとしての仕事ぶりからもかなり注目されているキャスティングですね。

小山さんは2016年のNEWSとしての参加していますので、2年連続の出演となり期待も高まっているでしょう。

亀梨さんはソロとして多くの番組に司会役としても出ていますので、相当場数はこなしていますし、本番に強い性格をしていますよね。

これまでになかったグループ混合という強力タッグによってますます楽しみになってきましたね。

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP