エンタメ

27時間テレビのメインは波瑠に決定!総合司会はまさかのビートたけし!?

毎年放送されているフジテレビの大型特番『27時間テレビ』。
大人気女優として活躍中の波瑠さんがそのドラマの主演を務めることになったそうです。
また、総合司会にビートたけしさんが抜擢されました。
27時間テレビに関する詳しい情報を調べてみました。

sponsored link

27時間テレビのドラマ主演は波瑠に決定!

年に一度のお祭り特別番組として、長い間放送されてきた27時間テレビ。

そのメインに抜擢されたのは今年波に乗っている大人気女優の波瑠さんです。
波瑠さんは番組全体を通して主軸となる企画『にほんのれきし博物館』に”タビビト”として参加し27時間かけて巡回するそうです。

波瑠さんと言えば、連続テレビ小説『あさがきた』で注目を浴び、その後『世界一難しい恋』や『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、『あなたのことはそれほど』などの人気ドラマに多く出演され、連続ドラマに引っ張りだこな女優さんになっています。

今回の27時間テレビのメインへの抜擢を受けて、

「素敵な出演者の皆様と一緒に歴史を学べるということでとても楽しみです!」
「日本の歴史に関しては知らないことばかりなので、今回楽しみながら改めて勉強できればと思っています。視聴者のみなさんが番組をより身近に感じられるお手伝いができたらうれしいです!」

と意気込みを語ってくれています。

『歴史』というと、ちょっと固そうだな、難しそうだな、というイメージがありますが、波瑠さんを抜擢することで馴染みやすさが良くなりそうですね。

波瑠さんは2016年の『24時間テレビ』のチャリティーパーソナリティにも抜擢されており、長編番組のメインを務めるのは今回で2回目となります。

初めての緊張と疲労が大きかった24時間テレビだと思いますが、今回27時間テレビでは前年よりもパワーアップした姿が見れそうですね。

今から楽しみだ~。
また新しい情報が入り次第追記しますね。

sponsored link



 

総合司会はまさかのビートたけし!?

メインは波瑠さんでしたが、気になるのは総合司会もですよね。
調べたところ、タレントのビートたけしさんが2017年の27時間テレビの総合司会に抜擢されました。

ビートたけしさんがFNSの長編番組の総合司会を務めるのは実に21年ぶりのことだと言います。
今回なぜビートたけしさんは重い腰を上げたのでしょうか。

その大きな理由の一つとして、2017年の27時間テレビの内容が挙げられます。
第31回目を迎える2017年の27時間テレビですが、実は内容を大幅に一新したそうです。

これまでの24時間テレビはお笑いに特化してきましたが、今回は「学び、笑い、楽しむ」をスローガンに、老若男女問わず家族みんなが一緒に楽しめる長編番組を目指しているとのことです。
中でもビートたけしさんの目についたのは、27時間テレビの主軸となる企画『にほんのれきし』。

2020年の東京オリンピックに向けてますます世界から注目される日本、この機会にその“おもてなしの国”日本をもっとよく知ろう!ということで、“にほんのれきし”を覗きにいく。総合司会のたけしとキャプテン村上の二人が水先案内人となってお送りする旧石器時代から現代まで、日本史を27時間かけてめぐる旅。教科書では教えてくれない!誰も知らない!?お腹を抱えて笑っちゃう!思わず目が点になる!?…そんな歴史秘話や歴史トピックスが満載。

引用:たけしと村上信五が送る新たな27時間

最近のテレビ番組としては珍しく、学びに重きを置いた企画で視聴者からも楽しみの声が多く寄せられているようです。

ビートたけしさんは”歴史”が大好きらしく、今回の総合司会の仕事を思わず引き受けてしまったとか・・・。

「今年もフジテレビの『27時間テレビ』に出てくれって言われて、“ああ、またその時期か”って軽い気持ちで話を聞いたら、何と!久々の総合司会だって言うし、今までとは全く違う作り方・見せ方を考えていますだの、テーマはオイラの大好きな“日本の歴史”で、それを軸としたかつてない新しい長編バラエティー番組を実現させたいだの、いまどきそんなに手間をかけ力を入れて番組作りをすんのかと驚いちゃったよ。それでオイラも“やってやろうじゃねーか”ってなって思わず引き受けてしまいました。どんなことになるか期待してろってーの。責任は全部フジテレビだからな」

引用:たけしと村上信五が送る新たな27時間

このたけしさんの文章を見ると、たけしさんがワクワクソワソワしているのが分かりますよね。

あのたけしさんをも夢中にさせた今回の27時間テレビには期待が高まりますね。

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP