エンタメ

今井絵理子の新幹線での手つなぎ写真流出で大批判!?ツイッターでの大炎上事件とは?

国会議員として何かと話題に上がる今井絵理子さん。
そんな今井さんが新幹線で手つなぎ写真を撮られて不倫疑惑がかけられています。
また、ツイッターで大炎上したらしいのですが、どんな事件だったのでしょうか。
今井さんの気になる情報を調べてみました。

sponsored link

今井絵理子の新幹線での手つなぎ写真流出で大批判!?

今井さんの手つなぎ騒動はどんな内容だったのでしょうか。
騒動のお相手となったのは同じく議員の橋本健さんです。

爽やかそうな印象で、イケメンですよね。
二人とも家庭を持っていますから、事実なら不倫確定です。
週刊新潮によると、以下のような流れだったそうです。

7月14日

・夕方ごろ、東京にある今井さんのマンションに橋本さんが高級車で迎えに行き二人で乗車する姿が目撃されました。
・その後、日付が変わるぐらいの深夜に今井さんのマンションに戻ってきました。
・二人はそのまま一夜を過ごしたようです。

7月15日

・早朝、二人は時間差でマンションを後にし、イベントのため東京駅に出発しました。
・二人が東京駅に着くと、グリーン車で隣同士に座り新大阪駅に向かいました。

その時の写真がバッチリ撮られています。
今井さんと橋本さんが手をつないでいる様子が分かりますね。

7月16日

・大阪の箕面市で行われたイベントが終わった後、宿泊先のホテルで今井さんと橋本さんが同じ部屋に入っていくところを目撃される。
こちらの写真はホテル内で撮影された今井さんの写真です。

・時間差でホテルを後にした二人はそれぞれ新大阪駅に行き、その時も隣同士で東京への帰路についたそうです。

 

以上が大まかな流れとなっております。
証拠となる写真も多く摂られていることから、二人が密会して不倫行為を行っていたことは間違いないでしょう。

これだけの材料を揃えられた今井さんは2017年7月27日に産経新聞の取材に以下のように答えています。

「一線は超えていない」
「深夜まで一緒に原稿を書いていた」
「好意というのはお互い持っていると思います」

とのことで、あくまで仕事の都合で一緒に過ごしていただけで不貞行為はしていないと主張。
ただ、好意は持っているという謎発言。
好意を持ってて深夜に男女がホテルにいて一線を越えていないと言われても説得力がないですね。

また、橋本さんの奥さんが週刊新潮の取材に答えています。

「国会議員なら、こういのが出たら、自分だけじゃなくて私や子供にも影響が出ることはわかっていますよね。」
「百歩譲って、私たちが離婚に近づいているにしても、今の段階ではダメですよね。」

と、静かにですが怒りを表していますね。

国民から選ばれた国会議員が不倫を行うというのは本来あってはならないことですから、辞職もありえますよね。
それに、お互いの家族はどうなってしまうのでしょうか。

今井さんには中学1年生の男の子がいるそうなのですが、心も体も成長期の多感な時期にこんな事件があったら、一生傷が残りそうですが・・・。

なんにせよ、今井さん・橋本さんには真摯な対応をして頂きたいですね。

sponsored link



 

ツイッターでの大炎上事件とは?

現在不倫の騒動で話題となっている今井議員ですが、何やら別件でツイッター上で大炎上を起こしたそうです。

一体どれだけ火種を持ってるんだ・・・(笑)
早速調べてみました。

今井議員がある日ツイッターで

『おはようございます!先日は横浜市にて、子どもたちのスポーツ大会に参加!』

とプライベートの様子を投稿しました。
これに対し、同じく議員の上西小百合さんが2017年6月23日に

『この人ほど自分の役割を理解している人はいない。どうせ仕事なんかできやしないんだから、人寄せに徹している。ある意味立派』

と揶揄する発言をしました。

ん?これは上西議員が悪いだけに見えますね。
ネット上でも、「(今井議員に)関わるな」「今井議員にまで飛び火」など今井議員を擁護する声が多く寄せられました。

これに対し今井議員は

「初めまして!まだ直接ご挨拶できなくて申し訳ありませんが、色々とコメントありがとうございます」「女性同士、同級生同士、ともに日本を更に元気にしていきましょうね!よろしくお願いします!Twitterだけでは失礼なので今度会館の方にご挨拶に伺いますね」

と大人の対応をしたそうです。

 

この話を聞くと、大炎上したというのは今井議員ではなく上西議員だったようですね。
上西さんもかなり世間からのバッシングがひどい方で有名ですから、同じ女性議員ということで間違われたのだと思います。

しかし、今回の不倫騒動で今井議員のツイッターが大炎上しているのは事実です。

今後の動向に注目していく必要がありますね。

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP