エンタメ

小倉優子の離婚後の多忙で不安な生活とは?

ママタレントとして活躍中の小倉優子さん。
最近、ヘアメイクアーティストの菊池勲さんと離婚しましたが、その後の生活はどうなったのでしょうか。
二人の男の子を抱えるシングルマザーの小倉さんの様子を調べてみました。

sponsored link

小倉優子の離婚後の多忙で不安な生活とは?

「こりん星」でブレイクした小倉優子さんが2017年5月8日放送のNHK番組『あさイチ』に生出演し、離婚後の生活について語ってくれました。

小倉さんは2012年に長男を、2016年に次男を出産し現在は二児の母親です。

2017年3月に元夫の菊池さんの浮気が原因で離婚してからはシングルマザーとして子育てに奮闘中の小倉さんですが、

「まだ(離婚から)2カ月しかたっていないので、心配なこと、不安なこととかはいろいろあるんですけど、今はあんまり考えないようにしてるんです。先のこととか考えないようにして、今のことだけを思うように心がけている」と率直に明かし「1人でこの先、仕事があるんだろうかとか、男の子2人なんで思春期どうしようとか、考えたらキリがないので今のことだけを見ようを思っています」

引用:小倉優子、生放送で涙 離婚後の生活・不安告白

とのことで、仕事の不安や二人の子どもの将来について案じる様子が伺えました。

離婚後、久しぶりに芸能活動を再開させた小倉さんでしたが、家を空けることへの不安も尽きなかったようです。

「(産休含め)8ヶ月間家にいて、急に私が家を空けるようになったので、子どもも最初はすごい戸惑ったんだと思うんです。4歳の子が『行かないで』って泣いたんですよ」

「でも『働かなきゃいけないから、応援しほしい』という話をしたら、今は『頑張ってね』って言ってくれてるんですけど、環境が変わったので、子どもにとってはストレスがなかったかと言われると、やっぱり与えてしまったのかなと感じているんですけど」

「今はアドレナリンが出て毎日睡眠不足でも眠くなくやってる。無我夢中って感じです」

引用:小倉優子、生放送で涙 離婚後の生活・不安告白

子どもの体調が悪い日にも関わらず仕事に行かなければならない時もあり、「こんな思いをしてまで離婚する意味はあったのかって一瞬ふと思っちゃったことはあるんです」と辛い胸中を告白。

現在はママ友が子どもを預かってくれたり、病気の時は母親を頼ったりなど、周囲のサポートを受けながら何とか育児と仕事を両立させているそうです。

そんな子育てに必死な小倉さんが最も悩んでいることが”幼い子どもへにどう離婚を伝えるか”だそうです。

番組中ではVTRが流され、涙を流しながら「4歳の子には話したんです。(小倉が)テレビ出てて、離婚したっていうのも知っているので嘘になるのも嫌なので。(でも)まだ0歳の子には…」と複雑な心境を語りました。

番組の終わりには、

「まだ(シングルマザーとしての生活は)2ヶ月前に始まったばかりで自分の(生活)スタイルが出来上がってないので…」

「今は涙とか出たんですけど、5年経つとそうじゃなくいられるんだろうなって。時間も解決してくれるのかなって」

と今後の生活への不安があるものの、しっかりと未来に向けて歩を進めていることを話してくれました。

視聴者からは小倉さんを思いやるFAXが多く寄せられていたそうです。

また、ネット上でも、小倉さんに対する多くの声が寄せられました。

sponsored link



 

最近多忙すぎて、子どもと一緒にいる時間が少ないと語る小倉さん。
春休みに子どもと福井の恐竜博物館に行く約束をしていたが、仕事が入りキャンセルしてしまったそうです。

「春休みなのに、連れて行ってあげられなくてゴメンねという気持ち」

しかし、5月5日の子どもの日には二人の息子のために一生懸命料理を作ったり、短いながらも子どもと遊んだりと充実した日々を過ごしているようです。

ちらし寿司などを作りました

ケーキは、ケーキ屋さんで買いました

引用:小倉優子オフィシャルブログ

また、仕事や育児で疲れた時には子どもの寝ている姿を見て癒されるのだとか。

寝室へ行って、二人がくっついて寝ている姿を見たら疲れも吹っ飛びますね

明日はお休みなので、沢山楽しませてあげたいです

引用:小倉優子オフィシャルブログ

 

離婚後も多くの不安や葛藤がある中、がむしゃらに前を向いて生活している小倉さん。
幸せな家庭を築いていってほしいですね。

この話題についてさらに深掘り

小倉優子と離婚した菊池勲がひどすぎる!?旦那の浮気相手は一体誰だ!?

馬越幸子は現在何をしてる?菊池勲との熱愛関係の真相は!?

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP