健康

眠気の症状が出たら五月病に注意!?厚労省おすすめの治し方を紹介!

春に入り、徐々に暖かくなってきたこの頃。
日中はポカポカしていて気持ち良いですが、この季節に眠気の症状が出ると「五月病」に気を付けなければならないそうです。
また、五月病になった時の厚労省おすすめの治し方をご紹介します。

sponsored link

眠気の症状が出たら五月病に注意!?

4月になると、寒く縮こまっていた冬から解放され、春の暖かい息吹に胸躍らせる日々が始まります。
太陽のまぶしい光も心地よく、日中はポカポカしていて過ごしやすいですよね。

そんな快適な季節ですから、眠気が襲い掛かってくることもしばしばあるのではないでしょうか。
特に学校や仕事などの大事な場面にも関わらず大あくびをしてしまうこともしばしば見かけます。

実はそんな症状が出たら、原因は春の暖かさではなく「五月病」かもしれません。
眠気の症状が五月病につながる理由は以下の通りです。

新しい環境(新クラス、新しい職場)にうまく馴染めない。
→「仲良くない人と体育の授業がある・・・」「明日は初の会議だ・・・」といつもより緊張し、ストレスがかかる。
→寝つきが悪くなる
→眠れないことにイライラし、さらにストレスになる
→ストレスで眠れなくなる

と、負のスパイラルにはまってしまうことで日中に大きな眠気が襲ってくるようになるのです。
一度不眠の症状が出ると、体調も悪くなりますます五月病を悪化させてしまいます。

最近寝れないな・・・という方は一度たっぷりと睡眠の時間を取り、ストレスを軽減するようにしましょう。

五月病の他の症状

眠気が五月病の症状の一つであることをご紹介しましたが、五月病には他にもいくつかの症状があります。

・無気力
・集中力の低下
・イライラ感
・疲労感
・気分が落ち込みやすくなる
・食欲不振
・胃痛及び腹痛を伴う下痢
・めまい
・動悸
・頭痛

など、身体・精神両方に影響が出てきます。

五月病は「適応障害」というれっきとした病気です。
少しでも異常を感じたら病院に行って早めの診察・治療を行う方が良いでしょう。

五月病になりやすい人の特徴

五月病の原因は色々ありますが、「ストレス」が密接に関係していると言われています。
そのため、五月病になりやすい人というのは、「ストレスをため込みやすい人」であると言えます。
ストレスをため込みやすい人には以下のような共通点があります。

・几帳面
・まじめ
・責任感が強い
・完璧主義
・協調性が高い

こういう方は一生懸命頑張っても人間関係がうまくいかない、空回りしてしまう、周りに気を遣い過ぎるなど、日常の些細なことでストレスをためてしまいがちなようです。

仕事で失敗した時の正しい謝罪の言葉とは?すぐに立ち直れる超シンプル思考法とは?

sponsored link



厚労省おすすめの治し方を紹介!

五月病にかかってしまった人はどうすれば治るのでしょうか。

一般的には、五月病は一過性の心身の不調だと言われているため、1~2か月で自然と環境に慣れ、症状が改善されると言われています。
つまり「放っときゃ治る」が治療方法なのです。

しかし、五月病は「適応障害」であり、悪化させると「うつ病」になる危険性もあり、場合によっては会社・学校に行くことすらできなくなるのです。
そのため、しっかりと五月病の対処を知っておく必要があります。

五月病の治療法として一般的に知られているのは、以下のようなものです。

・信頼できる家族や友人とコミュニケーションを取る
・栄養をしっかりと取る
・質の良い睡眠を取る。
・ストレス発散(スポーツ・音楽・読書など)を行う

つまり、しっかりとした処方箋のような薬というよりは、日常生活の質を上げようというのが治療法のようです。

厚労省認可済の治療薬「リアジュウ」とは!?

一方で、厚労省が五月病の治療薬に認可したそうです。
言い換えれば、「五月病を薬で治そう」というものです。

中内製薬が作った新薬の名前は「リアジュウ」というそうです。
リアジュウってもしかして「リア充」のこと・・・?

調べてみるとどうやらそのようで、ネーミングに関しては若干のダサさを感じてしまいました。
ただ、効果はなかなか良いそうです。
新薬「リアジュウ」には、

・ドーパミンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の原料となり、脳を活性化させる「チロシン」
・抗不安定作用のある「クツチオ」

などが含まれており、抑うつ気分や不安感を抑制する効果があるそうです。

同社によると、

同社が行った臨床試験で五月病患者には、新しい環境に適応しようと、人間関係の形成に過剰な焦りを感じるが、自己に対する自信のなさから環境に適応できず思考抑制状態に陥り人間関係が築けない、といった悪循環に陥るケースが一般的症状として確認された。これらの症状に対応すべく、同社は新たに軽い興奮作用を伴い、判断基準を楽観的にさせ、思考を前向きにする作用のある新成分「ルフミタ」を開発し、「リアジュウ」に配合したという。同社は、「『ルフミタ』の効果で、内向的な患者が、他人に自ら話しかける割合が65パーセント上昇した。第一声をこちらからかけられるようになる」(内木広報課長)と、全国の新入生や新社会人の期待に沿えるとの自信を見せる。

とのことで、臨床試験などを通じ、その効果の高さを発表しています。
ただ、「リアジュウ」の服用によって、

・過剰に馴れ馴れしくなり、逆に人間関係を破壊する
・周囲の注目を集めようと異常行動をとるようになる

と言った副作用の懸念もあると言われていますので、服用する量などは個人の薬の効き目に応じて医師と相談しながら決めていく必要があるようです。

新しい環境・新しい人間関係にうまく馴染めずに悩んでいる方、ストレス発散がうまくいかない方などは一度この新薬「リアジュウ」を試してみてはいかがでしょうか。

プレッシャーに弱い人が対策すべきことは?ストレスで体調不良の驚きの理由とは?

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP