エンタメ

真木よう子の激太りの原因は役作りか?旦那との衝撃の離婚理由とは!?

ミステリアスな雰囲気を持つ女優真木よう子さん。
そんな真木さんが激太りしたらしいのですが、その原因は役作りと言われています。
また、旦那との衝撃の離婚理由とは!?
真木よう子さんの知られざるプライベートに迫ってみました。

sponsored link

真木よう子の激太りの原因は役作りか?

クールでミステリアスな空気を持つ真木さん。
また、プロポーションも抜群な女優としても有名ですよね。

そんな真木さんが最近太ったという噂が流れていますが本当なのでしょうか。

早速見ていきましょう。

カンヌ国際映画祭での真木よう子の激変っぷりがヤバい!?

こちらは2016年に開催された「カンヌ国際映画祭」での真木さんの写真です。


!?

これは一体誰!?と言いたくなりますね。
ネット上でもその激変っぷりに驚きの声が上がっていました。

「真木よう子ってこんな感じでしたっけ・・・?」
「三原じゅん子みたい」
「瀬川瑛子だよきっと」

一体、なぜこれほどまでに太ってしまったのでしょうか。

理由①役作り?

理由の一つとして考えられるのは、役作りではないかということです。

以前、真木さんは役作りのために太ったことがあるそうです。

その一方で、プロ意識の高さを証言する声も。

「昨年1月に出演したドラマ『問題のあるレストラン』では、ビストロの店長ということでふっくら体形を維持。その後、ダイエットで戻しましたが、ファンから激やせを心配されたほど。役作りで体重が増減するタイプ」

また、逆に、2016年に公開された『蜜のあわれ』では、幽霊役ということでかなり痩せていたとか。

こちらが激やせしている時の真木さんです。

そして、こちらが太った時の真木さんです。

確かに見違えるような変化ですね。
真木さんの役者に対するプロ意識の高さは相当のもののようですので、今回太ったのも、今後の出演作品と関係があるのかもしれません。

理由②日ごろの不摂生?

他の理由としては、日ごろの生活習慣にあるのでは?と言われています。

真木さんはヘビースモーカーで有名で、タバコをずっと咥えていると言われています。

撮影所に着いてからというもの常にくわえタバコで、共演者や事務所関係者、撮影スタッフと、ほぼ完全に無視。
声をかけられても軽くうなずく程度で、明らかに現場の空気も悪くなっていました。

また、離婚後のストレスでホスト狂いの生活をしていたそうです。

もともと真木は体形の変化が激しい。
メンタルの状態が体形に出るようです。
先月、女性週刊誌に、歌舞伎町のホストクラブで一晩で2000万円も散財したと報じられましたが、昨年秋に離婚したストレスが原因ともいわれています。

酒にタバコと、体に悪いものを大量に摂取していては、どれだけ美人でも体調を崩してしまうでしょう。

『太った』に関連する記事はこちら!

仲間由紀恵が2017年に太った衝撃の理由とは!?夫との馴れ初めは共演がきっかけ?

yuiの現在が太って誰だか分からない!?結婚した旦那はどんな人?

広瀬すずが2017年に入って太ったと話題に!?大原櫻子と似てる説を検証してみた!

sponsored link



 

旦那との衝撃の離婚理由とは!?

上述しましたが、真木さんは元俳優の片山怜雄さんと結婚しております。

離婚理由①ヒモ亭主

結婚後、夫の片山怜雄さんは俳優を辞め、リリーフランキーさんに弟子入りし小説家を目指していたそうです。
しかし、結局1冊も本を出していません。

マスコミでは”ヒモ亭主”と書かれていたようです。

家計はほとんど真木さんの女優業で支えていたらしいのです。
しかし、育児も手伝わず、クリーニング屋でバイトをする稼ぎの悪い夫に愛想を尽かしたそうです。

理由②真木さんの浮気

他の離婚の理由としては、なんと真木さんの浮気だそうです。

2012年、演出家の長塚圭史さんとの居酒屋デートがフライデーされています。
こちらがその写真です。

このようなことから、徐々に二人の関係は冷めていき、2015年9月に離婚しています。

二人の間には娘さんがいるのですが、養育費などの観点から真木さんが引き取ったとのことです。

まだ娘さんは幼い子どもですから、子どものことを第一に考えて生活していってほしいですね。

『離婚』に関連する記事はこちら!

満島ひかりと石井裕也の意外な離婚の理由とは!?新たに発覚した永山絢斗との結婚の可能性は?

上戸彩が離婚発表の噂の真相は!?激やせの驚きの理由とは?

GACKTのまさかの結婚&子供持ちの真相は!?すっぴんが小野大輔そっくりで話題に!

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP