エンタメ

佐藤健の彼女は秋山莉奈か!?前田敦子との熱愛の真相とその後とは?

大人気俳優の佐藤健さん。
そんな佐藤さんの彼女は秋山莉奈さんなのか!?
また、前田敦子さんとの熱愛の真相とその後はどうなったのでしょうか。
佐藤さんの気になる熱愛情報を早速調べてみました。

sponsored link

佐藤健の彼女は秋山莉奈か!?

佐藤さんの彼女だと噂されている秋山さん。

お二人の熱愛となった出来事をまとめてみました。

出会いのきっかけは?

佐藤さんと秋山さんは2007年の特撮ドラマ『仮面ライダー電王』での共演がきっかけと言われています。

佐藤さんと秋山さんはどちらも主演として活躍していました。
約1年間の撮影現場で共に過ごすことになりますので二人の関係はどんどん親密になっていくことが予想されます。
また、共演者キラーとして有名な佐藤さんが美人の秋山さんをターゲットにした可能性もあると言われています。

熱愛発覚はお泊りデート!?

・お泊りデート①

2008年12月、佐藤さん(当時19歳)の自宅マンションに秋山さん(当時23歳)が毎日のように通っていたことが女性セブンによって報道されました。

・お泊りデート②

2009年5月に公開された映画『ROOKIES -卒業-』の打ち上げ後に、佐藤さんは3次会に参加せず自宅に直行
→数時間後、秋山さんが佐藤さんのマンションに現れたそうです。

・テレビ関係者のコメント

二人は付き合って半年ほどになります。
秋山莉奈さんは、ほぼ毎日佐藤健さんの自宅マンションに通っているそうですよ。

・一般人の目撃情報

佐藤さんのマンション周辺で昼夜を問わず秋山さんの姿が見られたそうです。
ある時は打ち上げの翌々日の深夜4時過ぎ、佐藤さんがタクシーで帰宅したわずか5分後に秋山さんがタクシーで現れたそうです。
そして、12時間後の夕方4時に秋山さんがマンションを後にするのを目撃したそうです。

・レストランでの誕生日パーティー

2009年10月、港区のレストランで秋山さんの誕生パーティを開いたそうで、レストラン関係者によると、

初めは佐藤健さんもいたのですが、突然秋山莉奈さんと喧嘩し始めたのです。
原因は些細な事だったのですが、話しているうちに大喧嘩に発展しました。
しまいには佐藤健さんが怒ってしまって店を出て行ってしまいました。
結局その日は、二人は仲直りできずに秋山莉奈さんはずーっと泣いていたんです。

とのことです。

交際期間はわずか6か月!?破局原因は?

佐藤さんと秋山さんの交際はわずか6か月という短い期間で終止符を打つことになりました。
佐藤さんは女性関係にだらしないと言われていますが、秋山さんと交際していた時は浮気もなくきちんとしたお付き合いをしていたそうです。

噂によると、唯一まともにお付き合いしていた彼女とも言われています。

『佐藤健』に関連する記事はこちら!

前田敦子がエラを削ったと認めた!?佐藤健との熱愛フライデーと現在の彼氏は誰!?

sponsored link



 

前田敦子との熱愛の真相とその後とは?

佐藤さんと言えば、元AKBで女優の前田敦子さんとの熱愛関係がスクープされていましたよね。
こちらの画像でご存知の方も多いのではないでしょうか。

一体この日に何が起こったのでしょうか?

佐藤さんと前田さんの深夜の熱愛スキャンダルの真相については以下の記事で紹介していますので、こちらをご覧ください。

前田敦子がエラを削ったと認めた!?佐藤健との熱愛フライデーと現在の彼氏は誰!?

まとめると、この日泥酔していた前田さんを介抱していたのが佐藤さんで、恋人の関係ではなかったそうです。

佐藤健と前田敦子のその後は?

では、その後二人の関係に発展はあったのでしょうか。

前田さんとの報道で話題になってしまった佐藤さんですが、連日続く報道に対し、

自分が狙ってもいない奴のことで騒がれても超迷惑!

とバッサリ切り捨てていたそうです。
佐藤さんのこの発言はまた世間を騒がせることになりましたが、佐藤さんの気持ちに共感する人が多く、

佐藤健が正論!
佐藤健は別に前田敦子のこと好きでもなかったのにあんなに号泣されてうざかっただろうな
佐藤健じゃなくてもこんな重い女子に好かれたら迷惑だと思う

と佐藤さんを擁護する声が多く、逆に前田さんが叩かれるという事態になりました。

その後も二人の関係が発展したという情報は一切なく、この騒動をもって完全に終結したと思われます。

佐藤さんはまだまだ若く、俳優としてもますます人気が出てくると思われますので、今後も活躍していってほしいですね!

『前田敦子』に関連する記事はこちら!

前田敦子の演技がひどい衝撃の理由とは?福山雅治が語る性格の悪さとは!?

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP