エンタメ

市川由衣が子育てのやりすぎでぎっくり腰に!?戸次重幸との意外な馴れ初めが話題に!?

女優・タレントとして活躍される市川由衣さん。
戸次重幸さんと結婚し、出産した市川さんですが、
子育てのやりすぎでぎっくり腰になったと噂になっています。
また、戸次さんとの意外な馴れ初めについても調べてみました。

sponsored link

市川由衣が子育てのやりすぎでぎっくり腰に!?

市川さんは今年で31歳になりますが、昨年9月に夫の戸次重幸さんとの間に第一子となる男児を出産しました。
現在は子育てに奮闘中ということなのですが、2017年2月に行われた映画『愚行録』の舞台挨拶にて、

3日ぐらい前に息子を連れて抱っこして予防接種に行った帰り道、ぎっくり腰になりました。
立っているのもやっとです。
コルセットして鍼をさして、今ここに立っています。
昨日まで出れるかちょっと怪しいぐらいだったんですけど、絶対皆さんと立ちたいと思って、気合で立っています。

と述べ、ぎっくり腰の辛さを語っていました。

子育てでぎっくり腰は珍しくない!?

ぎっくり腰と聞くと、年配の方がなるケガだと思っている人が多いのではないでしょうか。
実は、特に初めての育児をされるお母さんに多いのですが、慣れない体勢を繰り返すことで、ぎっくり腰になる可能性が高いのです!

・ぎっくり腰の原因は”体勢”

ぎっくり腰になる一番の原因は『体勢・姿勢』です。

腰や背中に負担のかかる姿勢を長時間続けることで、腰の筋肉が疲労して炎症を起こすことで発症します。

・ママがぎっくり腰になりやすい理由とは?

育児を行うママがぎっくり腰になりやすい理由は、赤ちゃんの世話がほぼ全て”前かがみ”になるからです。

前かがみの姿勢というのは、非常に腰に負担がかかります。
こうやって、知らず知らずのうちに腰が疲労しているのです。

そして、普段から負担がかかっている状態のところに「意識しない行動」をすることで、ぎっくり腰になってしまうのです。

・ぎっくり腰の予防

①オムツを変えるときはベッドの上で行う。
②抱っこは膝を使う。
③起きるときは横から
④授乳は背もたれのあるところで
⑤子どもの食事は向かい合って行う。

ちょっとしたことを意識するだけで予防できますので、
ぜひ試してみてくださいね。

『子育て』に関連する記事はこちら!

木下優樹菜のインスタが炎上した衝撃的な理由とは!?在日韓国人で本名は”朴”?

小栗旬と山田優のプライベートはどんな感じ?ひどすぎる浮気相手が明らかに!?

堀北真希の子供は男の子?実は山本耕史とあの場所で目撃されていた!?

sponsored link



 

戸次重幸との意外な馴れ初めが話題に!?

2015年9月に俳優の戸次重幸さんと結婚された市川さん。

そんなお二人の馴れ初めがすごいと話題になっていますので、調べてみました。

市川由衣と戸次重幸の馴れ初めがすごい!?

出会いのきっかけは、ドラマ『おわんこTV』での共演とのことです。

市川さんが馴れ初めについて、以下のように語っています。

馴れ初めを問われると、ドラマ撮影中は「どちらかというと(戸次は)冷たかった」と回顧。
クランクアップ後に「打ち上げがあって2次会で戸次さんの家に行こうってなって、皆で連絡先を交換してそこで仲良くなった感じですね」と語った。

最初は友人関係でしたが、お互い意識する仲になったそうです。
そして、戸次さんは、市川さんに結婚を前提としたお付き合いを申し込んだと言います。

「彼の方からお付き合いする時に『結婚を前提に付き合って下さい』って言われて」と交際開始時から結婚を意識していたと言い、翌日から半同棲状態に。市川も交際1週間で「結婚するだろうな、この人とずっと一緒にいるだろうなって。感覚的に
と結婚を確信していたこと、すぐにマネージャーにも報告し了承を得たことを明かした。

とのことで、交際1週間で運命の相手だと思える相手に巡り合えるなんて、本当にすごいしうらやましいですよね!

これも市川さんの誠実な性格が縁を呼び寄せたのでしょうね。

気になる新婚生活は?

交際開始から1年2か月の期間を経て、お二人は結婚されています。
気になる新婚生活ですが、意外とお互い自由にやっているようです。

新婚ホヤホヤだが新婚生活は、「割とお互いに好きなことをやっている時間が多い。
彼は漫画読んだりとか、空気みたいな感じ」と自然体。
市川の飼い猫が戸次にすぐに懐いたことも「安心できると思った」と話し、幸せを感じる瞬間は「晩酌しながらその日のことを話す時」と幸せオーラ全開。

なんとも自然体で理想の夫婦の関係ですね。
お子さん出産され、これからもずっと幸せに暮らしていってほしいですね。
応援しています!

sponsored link



他の注目記事はこちら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP